【転院サポート】福岡市から静岡県三島市へ。

窓の外はあいにくの雨でしたが、
「旅は久しぶりよ😉」と、

流れる車窓からの景色を眺めながら、いろんなことに思いを馳せているように見えました。

福岡市にお住いで、
97歳のF様。

博多から静岡県の三島へ、新幹線を乗り継いでのご転居です。

画像の説明

普段から車いすをご利用ですが、

手引きでお手伝いすれば、数メートルは歩けるので、今回はグリーン車をご利用。

車いすから座席に移乗すると、

足元も広いし、背もたれを少し倒すだけでもゆったりと寛げますね✨

画像の説明

「今日のお昼は、お寿司ですよ♪」

そう伝えると、

パッと目を輝かせて、
それはそれは嬉しそうなお顔。

ご家族が博多駅の中にあるお寿司屋さんにお願いして、新幹線の車内で食べるお弁当用に、お寿司を握っていただいてました。

そのことを伝えると今度は、
「まぁ!シャレと〜よね〜♪」と、

ほんとに、幸せそう😊

お寿司をゆっくりと味わいながら、いただきました。

三島に着くと、受入先施設の職員様がお出迎え。
F様を見て、とても驚かれてました!

もっとお疲れでクタッ⤵️ってされてるんじゃないかと思ってました、と。

ご家族様も、新幹線での移動中に
「途中で降りる!」と言い出さないか、そわそわ落ち着かないんじゃないか等、いろいろとご心配だったようです。

しかしF様、
みなさんのご心配をよそに、終始おだやかで
お上品で、シャキーンとして✨
無事にご転居を終えました。

F様😊
生まれ育った故郷で、
富士山を見上げながら、
これからもどうぞ、お元気にお過ごしください。

画像の説明

ご縁を、ありがとうございました。